Hikariの今ど記・食べど記

気がつけば、はてなダイアリーから今年で10年なんだ、、

 Gibson-F4 1921

友人が食事の後、態々マンドリンを持って来てくました。
前にも一度、お目にかかっていましたが、今回はブリッジ部分のリペア調整の為?旅に出ていて、無事ご帰還と相成り、それのお披露目を僕のウチで、、、?
恥ずかしながら拙い私のギターに合わせて GARO「ロマンス」とかぐや姫「置手紙」を合わせて頂きました。実に気持ちが良いですねー 
本物の石川鷹彦さんが居るような気になります。感激です! ありがとうございます
こんなに小さなフラットマンドリンから、実に華やかな音色が想像を超えるボリュームで響き渡りびっくりです。Gibson-F4 1921年(大正10年)の89才の現役マンドリンです。
マンドリンの華やかな音色ってとっても気持ちが明るくなり、気分が良くなりますね〜
へたっぴな僕に懲りずに、また合わせに来て下さいねー 
今度は是非D45を持って遊びに来て下さい
ナッシュビルの「22才の別れ」よろしくねーちょ〜カッチョ良さそーだぁ〜