Hikariの今ど記・食べど記

気がつけば、はてなダイアリーから今年で10年なんだ、、

NICOLE Circuit Day

FSW迄、NICOLE Circuit Dayに参加して来ました。

到着は10時、ALPINA・BMWのレアな車からビンテージカーまでが指定の駐車場に置かれております。

とりあえず、高鳴る気分を抑えて受付を済ませ、、そしてパドックからピットロードを渡り
メインスタンド前の金網の間から既に走行している、さまざまなBMWを目撃、
もうこの様子を見たら、早くM子も仲間に入れてくれ〜 と思うのであります。

今回一番の注目車・ALPINA M3 グループAレーシング・カー(ミシュランビバンダム君がトレードマーク)
19年間ガレージで存在したレーシングカーがこの日の為に復活しお披露目となりました。
左はそのアルピナの副社長アンドレアス・ボーベンジーペン氏。サインを頂きました。

見て下さい!なんとairジャッキが内蔵なのです(*_*)
このあとスパ〜ンと瞬間芸の如く車を下げそして木ウマを取り外しておりました。
DTMで活躍したワークスチームシュニッツァーのM3等、E30ファンであれば、

この2台を見るだけでも来て良かったと思うのではないのでしょか? 右側のB6 3.5Sは20年前
ALPINA社を訪れた時以来のご対面です。日本に2台?そのうちの1台です。


やっぱり来ていらっしゃいました。MTCのメンバーさんサーキット走行前にパチリ

もうひとりの方は、お会い出来ませんでしたが、ALPINA B62.7/MT-4dr 203にお乗りの方で
コンクール・ド・エレガンスにエントリーされておりました。レアです
]
実にカッコいいな〜 これだったらもう1台欲しい〜 みなさん大事に大事にお乗りの様子がよく解ります。

少し早いランチです!ハンバーグとハヤシライスが撰べましたが、ハンバーグとパンのセットを頂きました。
流石サーキットですね、駐車場ですがこのようにゴミ箱も2種類並んでます。ここでオイル交換かぁ〜?
ショップでレアなポスター、ステッカー、カタログをゲット


そして、午後はいよいよファミリー・ランです!雨が落ちてきそうな天候ではありますが、、
気分は快晴、、待機エリアよりコントロールセンター脇を通り、
ピットロードのパドック前に入って行きます。ワクワク

グリットスタートではありませんが、コレでも十分気分です。キャッホー(^o^)
そして、先導車(ALPINA/B5)の後に続き、コースインそして1コーナーに入って行きます。
当り前ですが、追い越し禁止なのでマナーよく走って行きます。3週してピットロードに入り終了しました。
初めてなので、あっという間でしたが、緊張とワクワク感があり貴重な体験でした。
また様々な、ALPINA BMWを拝見します。いくら見ても飽き足らない、、なのは何故?
ゲートインの時スタッフから聞いた話によると、600台位のエントリーだそうです。スゲ〜
もう随分前の話ですが、ALPINA社は年間500台の生産と聞いてましたが、、、、
参加車両はアルピナだけではないにしても、近郊のアルピナがこれだけ集まると壮観です。
最後はコンクール・ド・エレガンスの発表会とじゃんけん大会???
3人勝ち抜き、あのニコ・ニコル社長さんとアルピナの副社長アンドレアス・ボーベンジーペン氏より
ALPINAブランドの貴重なシャンパンを頂きました。お宝物じゃ〜
今回の戦利品

抽選会終了後雨が降り出し、、最後にもう一度コースインして
パレード・ランで1週、スタッフの皆さんお見送りの中、FSWを後にしました。
大変楽しい1日でした。これでいっそうE30/M3の愛着が深まりました。
30周年イベントに参加出来た事を、NICOLE社及ALPINA社に感謝いたします。ダンケシェ〜ン